Aktio Note – 父と行った海辺

株式会社アクティオが提供する「Aktio Note」というWebsiteの中の熱帯夜さんの書くコラムに、毎月イラストレーションを描く事になりました。第二回目のお話は、「父と行った海辺」というお話です。今回もとても興味深いお話しです。

僕も父を数年前に亡くしている事もあり、なんだか自分が主人公の男の子のような気持ちで最後まで読んで切なかったり、懐かしかったりそんな気持ちになりました。

父が元気だった頃、僕は父と一緒に過ごす時間を大切出来て居たのかどうか、良く分からないのですが、今思えば、もっといろいろな事を話したり、色々聞いておけば良かったなぁと思うことばかりです。

今となっては、話すことも出来ないので、お父さんならどうしていただろうか?なんて事ある毎に考えたりしています。

ですから、今お父様がご存命の方がとてもうらやましいにです。失ってしまわないと分からないことかなのかも知れませんが、失う前にそれに気付くことが出来たらそれはとても幸せなことなのかも知れませんね。ぜひ、お父様、お母様、そしておじいさま、おばあさまと沢山お話ししておいて下さい。

僕にはまだ、母がおりますので、後悔の無いよう、恥ずかしがらず色々な事を話したり聞いてみたししてみようと思います。